ドイツのトップニュース


9月25日(月)

メルケルは自民党、緑の党、社民党と政権参加交渉をすると予告

社会民主党は次回の大連立政権に参加することを拒否したが、キリ
スト教民主同盟党首アンゲラ メルケルは、連立相手探しで、社会
民主党とも連絡を取る意向である.キリスト教民主、社会同盟は、
「自由民主党及び緑の党との交渉を探る方針であるが、社会民主党
との交渉も模索する、と付け加える」、とベルリンで述べた。連邦
議会選挙を終え、キリスト教民主、社会同盟と緑の党及び自由民主
党との政権連合と、社会民主党との政権連合が、計算上は結成可能
である。社会民主党党首マルティン シュルツは、現在社会民主党
にふさわしい役割は、野党であることである、と述べた。いわゆる
ジャマイカ連立に対しては、参加する4党(キリスト教民主、社会
同盟と緑の党、自由民主党の)すべてで、大きな留保がある。右派
大衆迎合政党「ドイツのためのもう一つの選択肢AfD」は日曜日の
投票の勝者であり、現在騒ぎが起きている。副党首フラオケ ペト
リは、連邦議会の同東海はから離脱する、と予告したためである。

     その他のニュース

ユンケル「大衆迎合主義の主張に立ち向かえ」

右派大衆迎合政党「ドイツのためのもう一つの選択肢AfD」が選挙
で勝利したことを受け、EU委員会議長ユンケルは、ヨーロッパの大
衆迎合政党に立ち向かうように呼びかけた。ユンケルは、ドイツ首
相メルケルに宛てた、4日入れ姻族の選挙勝利を祝う書簡の中で、
世界規模の重大問題がある中、ヨーロッパ大陸のあり方をより強く
左右するドイツ政府が、安定することをヨーロッパは望んでいる、
と記した。ロシア政府は、この見通しについて冷静な態度をとり、
メルケルは選挙で勝利したが、組閣が待っている、と発表した。さ
らに細かい分析がでたあとで、大統領プーチンは意見を述べる、と
も述べた。

トルコは国民にクルド人地域を離れるように呼びかける

北イラクのクルド人居住地区で、独立に関する住民投票が行なわれ
る中、トルコ政府は国民に、この地域から出発するように呼びかけ
た。滞在しなければならない理由を持つ人には、緊急にこの地域を
立ち去るようにと勧告する、と国営アナドル通信が外務省の発表と
して報じている。外務省は間接的に、軍事的介入をするかもしれな
い、と威嚇している。国内の安全が危険にさらされる場合、国際法
で許される措置をとる、とトルコでは報じられている。トルコ国会
は土曜日に、イラクとシリアでの軍事活動に関する命令を延長した
ばかりであった。国民投票の結果は、拘束力を持たないが、クルド
人居住地区の地域政府の首相バルサニに、イラク中央政府および隣
国との交渉を任せることになる。

国連はロシアをクリミアでの人権侵害で非難

国連は、併合したクリミア半島で、重大な人権侵害を起こしてい
る、と非難した。国連人権委員会の報告書には、恣意的な逮捕、虐
待、拷問、そして裁判手続きなしでの処刑が少なくとも1件あっ
た、と記されている。その他本来であればウクライナに属していた
半島の住民にとって、ロシアの国籍が押しつけられ、囚人がロシア
へ相関された、とも書かれている。国連総会は、2016年の報告書を
求めていた。ロシアは、国連の調査団の立入を拒否した。

9月25日(月)のオーストリアのニュース

     国外ニュース

誰に責任があるのか? AfDの選挙での勝利の原因探し

右派大衆迎合政党「ドイツのためのもう一つの選択肢AfD」が日曜
日の選挙で、12.6%の支持を得たことを受け、ドイツ政界では二日
酔いの声がわき起こっている。すでに投票日の晩に、原因探しが始
まり、政党の中には、政敵に責任がある、としている。特に焦点に
なっているのは、キリスト教民主、社会同盟で、政治的な怠慢が
あった、とされている。首相アンゲラ メルケルも、直接攻撃にさ
らされており、自らの陣営からもその声が出ている、との情報もあ
る。ただし、選挙戦の期間中にAfDに、あまりの多すぎる、あるい
はあまりに少なすぎる居場所を与え、報道でもそうだったのが問題
視されている。

     国内ニュース

最低生計費を定める新たな計画

国民評議会選挙戦は、国が最低限の生計費を設定するよう、新たな
出発点をもたらす。ピルツの候補者名簿の提案を受け、国会議員を
出す会派5つすべてが、貧困の危機にさらされる母子家庭のため
に、状況を改善することに賛成している。社会民主党はすでに、法
律提案の作業を進めている。



他のページへ



       利用上の注意など


(c) Akira Ito 2000-2017

inserted by FC2 system