7月17日〜23日のオーストリアのニュース



7月17日(月)

     国外ニュース

汚職裁判 偽造の字体がシャリフを追い込む

パキスタン首相ナワズ シャリフは、政治家としての未来を心配し
なければならない。それは特に、マイクロソフト社の字体のためで
ある。月曜日には、汚職事件の最後の審理が始まった。この審理
は、シャリフから権力を奪うことにつながるかもしれない。2016年
にパナマ文書が公表されて、シャリフが家族の海外での取引してい
ることが、推測されている。2006年の書類から見ると、権力の握る
彼の一族は、負担を軽減させていたが、今回はこの文書がカリブリ
という書体で書かれており、これは2006年には存在しなかったため
である。

     国内ニュース

大統領はスロヴェニアとクロアチアの大統領と会談

オーストリア、スロヴェニア、クロアチアは、今日、3カ国の協力
を確実にするための措置を取る方針である。オーストリア大統領ア
レクサンダー ファン デア ベレンは、スロヴェニア大統領ボル
ト パホルと、クロアチア大統領コリンダ グラバル・キタロビッ
チと、ザルツブルクで公式会談を開く。両国の国境を巡る対立が、
暗い影を落としている。




7月18日(火)

     国外ニュース

国家社会主義地下組織裁判の最終弁論が始まる

ドイツの右派テロリストと目される者たちに対して、国家社会主義
地下組織NSUの裁判が始まってから4年以上経ち、水曜日には最終弁
論が始まる、とミュンヒェン上級州裁判所が発表した。主たる被告
ベアーテ ツシェーペは、国家社会主義地下組織の3番目の隊員
で、唯一の生存者であり、2013年5月以降、10件の殺人に関与した
疑いが持たれている。テロリスト2人ウーヴェ ムントロースと
ウーヴェ ベーンハルトとともに彼女は、ほぼ14年間地下で活動し
ていた。この2人は、この期間中に、10人を殺害し、うち9人は人種
差別的な動機に基づいたものである

     国内ニュース

安全対策法が不信を招く

安全対策法計画が高波を生んでいる。この法案は、緑の党と新オー
ストリア党NEOSと、情報保護活動家から、激しい批判を受けてい
る。情報保護活動家は、多くの批判的な言葉を掲げて、抗議活動を
開始した。「監視法」は、個人の基本的な権利を深く侵害するもの
だ、というのが基調である。批判の中心は、コンピューターやホ
ワッツアップなどの監視である。批判している人たちは、「連邦ト
ロイ人」を導入しなければ、それは可能かどうか疑わしい、と見て
いる。連邦トロイ人は、密かに送り込むソフトウェアで、個人情報
を読み取るためのものである。




7月19日(水)

お休みです。



7月20日(木)

     国外ニュース

テロと輸入 ドイツ政府は的確にトルコを威嚇

ドイツは、トルコとの最近の拘留に関する対立で、経済的な力を誇
示している。ドイツ外務大臣ズィークマール ガブリエルは木曜
日、今後どのように投資の保証とトルコに対する経済支援を、どの
ように行なうべきか、議論に付していた。ドイツの企業が、トルコ
との取引の際に、今までより大きな危険に備えなければならなくな
るかもしれない。さらに新たに旅行に関する指示が出されて、観光
の意欲を削ぐ。結局トルコ経済に手痛い打撃を与える可能性がある
この措置が、実施に移されることになる。少なくともEUからは、こ
れに関して拒否の声が出ている。

     国内ニュース

反ユダヤ主義の発言 大統領が厳しく批判

連邦大統領アレクサンダー ファン デア ベレンは、自由党の国
会議員ヨハネス ヒュープナーの反ユダヤ主義発言に、狼狽してい
る、と述べた。「反ユダヤ主義をもて遊ぶことは、どのような結果
につながるかは、誰もが心得ておかなければならず、最高度に無責
任である」と大統領は「クリール」紙にのべた。




7月21日(金)

     国外ニュース

神殿の丘暴動 パレスチナ人はイスラエルとの連絡を切断

神殿の丘での先に危機が、パレスチナ人とイスラエル人の間の関係
に暗い影を落としている。神殿の丘の監視が強化されたことを受
け、パレスチナ人は、イスラエルとの公式の接触を断絶した。関係
が再開されるのは、イスラエルがこの安全対策を破棄した場合に限
られる、とパレスチナ人大統領マハムード アッバスは述べた。金
曜日には追加の監視措置が取られたため、パレスチナ人デモ隊とイ
スラエル治安部隊が激しく衝突し、死傷者が発生していた。

     国内ニュース

改革の必要 リュテルンは社会保障の禁忌に触れる

次期政権は、社会保障の改革をほとんど回避することはできないだ
ろう。この間に改革を求める声が、極めて大きくなっている。社会
福祉省が委託した研究によれば、これに関する行動指針を示すもの
になる可能性があり、発案は遅れがあったものの、8月末に提出さ
れる。議論の中心点は、現在21ある年金、自己、疾病の保険を統合
することである。そのほかにも、多くの提案が議論されるが、対立
を呼ぶ可能性もある。




今日のニュースへ

過去のニュース(目次)へ inserted by FC2 system